宮崎の観光地をいろいろご紹介します

スポンサードリンク

宮崎観光地をいろいろご紹介します。まずは宮崎科学技術館です。世界最大級のプラネタリウムがあり「科学と遊ぶ」をテーマにした子供から高齢者まで楽しむことのできる施設です。 料金は大人730円、子供310円とお手頃価格ですし子供の好奇心や感性を育てる意味でも連れて行ってはいかがでしょうか。休日は月曜日と祝日の翌日となっています。

次にご紹介するのが日南海岸です。日本の道100選にも選ばれている観光地で四季折々の花々たちがとても人気です。国定公園もありますのでゆっくりと過ごすことができます。

お次はシーガイアです。
正式名称はフェニックス・シーガイア・リゾートです。ホテル
アミューズメント施設、ゴルフ施設などがあります。経営のほうは少し苦しいようですが、2007年には初の営業黒字を達成するなど上向いています。



西都原古墳群もお勧めの観光地です。
宮崎を代表する花の名所として有名ですし、もちろん古墳として学術的にも価値があります。
自然を満喫したい方にはぴったりです。

他にも宮崎神宮日向岬グリーンパーク都井岬などがあります。いろいろとご紹介してきましたが、
やはり宮崎と言えば自然豊かな環境というのが一番の見どころではないでしょうか。

SPONSORED LINK


宮崎県には神話もたくさん伝わっています

宮崎県には神話もたくさん伝わっています。

有名なのが天の岩戸(あまのいわと)ですね。
天照大御神
(あまてらすおおみかみ)が弟、須佐之男命(すさのおのみこと)の素行に腹を立てて岩戸にひきこもったというお話です。
天照大御神
は太陽の神様なので辺りは闇に閉ざされてしまったのですが岩戸の前で宴会をして天照大御神が気になって
顔を出したところを引っ張り出すというような神話ですが、その舞台となるのが天の岩戸神社です。

こうした神話の舞台を旅するのも良いものですよね。

また宮崎と言えば東国原知事だと思うのですが、知事が再三テレビ等で紹介されている名産品には地鶏宮崎牛
マンゴー
などがありますね。 観光地についたら、こういう名産品もぜひともご賞味ください。

宮崎たべてん」という名前のフリーペーパーがあります。これは県外からスポーツ観戦などに来られた方に対して
配布されているものです。 クーポンも付いていておすすめの観光地やおいしい食べ物の紹介などが書かれています。
プロ野球やJリーグのキャンプ情報などもあり宮崎に行くにはぜひとも入手したいアイテムです。

実は宮崎市観光協会ホームページからダウンロードすることもできますので印刷して持っていくのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク